任意売却は任意に売却すること

任意売却は、任意に不動産を売却することです。ただし、任意売却という言葉を使う文脈は、借金の返済が困難になってしまった債務者が、抵当権がついている建物を競売によらないで売ってお金に換えることを指すことが多いです。抵当権がついていれば、債務者がお金を返済することができないと最終的に強制的に換価される仕組みが強制競売ですがそうなる前にお金に換えてしまうのが任意売却です。

 

抵当権がついている建物は売ることができますが、抵当権がついたままの物件を買おうという人はあまりいません。その理由は、自分とはかかわりのない売り手の返済の状況によって不動産が強制的に売られてしまうことになる可能性があるからです。仮に売ることができても、それを見込んだ額になるでしょう。

 

任意売却をする場合は、債権者の協力が欠かせません。債権者が抵当権を外してくれれば、相場通りの値段で売ることが可能であるからです。債権者は比較的協力してくれることが多いですが、それは、すでにこれを検討している債務者は返済が難しい状況に陥っていることが多いからです。強制競売で回収することもできますが、強制競売は相場よりもかなり低い値段でしか落札されません。

 

それでも回収できれば問題ないですが、たくさんお金を貸しているケースでは、回収があまりできないことになります。もし任意売却をするならば、相場通りの値段で売ることができるため、回収できることもあります。

 

ローンの残りの額がいくらかによっても変わってくることです。売る額が返済額に足りるなら外すことには簡単に応じてくれますが、売っても債務が残るなら、債権者の方も慎重になるでしょう。任意売却をするためには、債権者と交渉をして、うまく話を付けなければなりません。