任意売却をメリットと手続きの際の注意点

一般的に金融機関で住宅ローンを組んで住宅を購入した場合、金融機関はローンが返済できなくなったときに備えて住宅に抵当権を設定します。この抵当権があるため、もしも住宅ローンの返済が滞りがちになり返済不能とみなされた場合には銀行が住宅を競売にかけて現金化して融資した分のお金を回収するのですが、競売では実際の住宅の売却と比較して安い値段で買い叩かれてしまうことが多く、競売後にもローン残高が残ってしまうことがよくあります。このような自体を避けて合理的にローンが残っている住宅を手放す方法としておすすめなのが任意売却という方法として住宅を手放すこととなります。

 

任意売却とはローンを組んでいる債務者と融資をしている銀行などの債権者との間に専門業者が仲介して交渉を行い、ローン残高が残っている物件を債権者である金融機関の許可を得て売却する手続きのことをいいます。任意売却は強制執行である競売と比較してより適正な価格で住宅を売ることができたり、住宅を明け渡すこととなる債務者に対してかかる金銭的な負担や精神的な負担が少ないなどのメリットがあるため、返済ができない住宅ローンを組んでいる物件を手放す方法として最善の方法の一つだと言っても過言ではないのです。

 

なお任意売却を行うためには住宅ローンを滞納している必要があり、住宅ローンの支払いができる場合には原則利用できないという点に注意が必要です。住宅ローンを滞納した場合には一般的には金融機関は連帯保証人に住宅ローンの支払いを求めますし、連帯保証人がローンの返済に応じた場合には任意売却は利用できないのです。またローン滞納は連帯保証人に迷惑がかかる恐れが高いため、あらかじめ連帯保証人に協力を求めておく必要があります。