気付いたら膨らんでいる借金

社会人になって何年か経った頃、ほしいものがあったので、消費者金融で借金をしたことがあります。その当時はもう何年か勤めていて、収入もある程度ありましたので、翌月に一括返済できると思っていて、20万円を借りました。ところがつい調子に乗って、特に必要のないものまで色々買ってしまい、ひと月で10万円を使ってしまいました。

 

翌月一括返済の見通しは立たなくなりましたが、それでも毎月きちんと返済して行けばいいと考えていました。しかし一度お金を派手に使ってしまうと、つい使いたくなるものです。しかも後輩に夕食をおごったりして、20万円は3か月ほどで消えてしまい、後はひたすら返済するのみになりました。仕方がないので、まず借金をした消費者金融に行って、個人的な理由でということで、毎月の返済額を減らしてもらうように頼みました。

 

幸い、毎月遅れないように返済していたこともあり、返済プランを組み直してもらうことができました。最終的には定期預金も解約して、何とか債務整理もせずに完済することができましたが、もうあのような思いはしたくありません。きちんとした利用計画も立てず、ただほしいものがあるからという理由だけで借金をすると、とんでもないことになるのがわかり、それ以後お金を借りることはなくなりました。

 

気付いたら膨らんでいる借金

借金というと銀行や消費者金融から融資を受けている状態のように感じる人も少なくはないでしょう。しかし、私の場合は少々違う形の借金でした。私は決して裕福とは言えない生活をしていましたが、だからといって生活に困るようなこともありませんでした。むしろ、毎月少しずつですが貯金もできていたぐらいですので、どちらかと言えば世間的には良い生活を送れていたのかもしれません。

 

ただ、1人暮らしでしたがしっかりと家計簿をつけたり1日に使える金額を設定して厳守するなど、自分なりに厳しく節約を行っていました。ですが、やはりそうした生活を続けていると欲しいものもなるべく我慢するようになり、その反動で時々衝動的に買い物をしてしまうことがありました。

 

その当時はクレジットカードを数枚持っていたので何とかなるさと甘んじて、高価な買い物も衝動的にしていましたので、気付くとクレジットカードの支払額はすぐに返済できるような額ではなくなっていました。幸いにも分割払いに変更することもできましたので、すぐに手続きを行い少しずつ返済していきました。

 

銀行のローンとは違って金利が高めに設定されているので返済も大変でしたが何とか完済することができました。私はこの借金で、許容範囲内であれば時々は無理ばかりをせず高価な買い物も自分にしてあげることも大切なのかもしれないと感じることができました。

 

弁護士事務所立ち上げの折にお金が不足し借金契約しました

弁護士として5年間、先輩の経営する事務所に勤務した後、独立して自分の弁護士事務所を立ち上げることにしました。kこれまでは先輩の力に頼っていた部分を全て自分で賄うことになると、まず様々なところでお金の苦労に見舞われるようになりました。まずは事務所の家賃が大きなネックとなり、入居時にはさらなる契約料を納めなければなりません。他にもパソコンやコピー、通信費、オフィス家具など揃えるものは盛りだくさん。

 

そして弁護士業は何よりも顧客からの電話やメールでの相談が生命線なので、これに対するレスポンスをうまく行うために、従業員も一人雇うことにしました。最初は計算通りにうまく採算が取れるはずでしたが、なかなか思ったようにいかず、経済的に苦しい状況が続いたので、銀行から借金をすることにしました。

 

申請したのはスピーディーに借り入れ可能なカードローンです。以前は従業員だった自分が今では自営業となっているわけで、うまく審査に通るかどうか心配でした。しかし幸いにも過去の借金契約でもめたこともなく、さらに私自身がその銀行に預金口座を開設している関係上、信用度に関しては何も問題なく審査通過することができました。

 

結局、希望した通りの15万円の借り入れが実現し、事務所立ち上げの序盤の苦しみを何とか克服。おかげで今では軌道に乗り、何とかうまく利益を伸ばしていくことができています。