家族の借金問題を抱えていて、悩んだことがあります。父親の金銭感覚がだらしがなく、挙句に親戚の一人が何も考えずにほいほいと父親に貸してしまうので膨らむ一方でした。しかも母親の親戚にも借りてしまっていました。母親の一人の親戚からは、私が中学生の時に親の借金の返済がうまくいかないとわかったときに、高校進学をやめて私が働いて借金を返済するようにと言われたこともあります。

何故他の親戚にもっと相談しないのかと思われる方もいますが、親戚の中で話しても伯母が父親の肩を持ってしまうからです。また父親の場合、気に入らなければ暴力行為を平気でする人でした。親戚でもそのことは薄々承知しているのですが、母や私を引き取れるほどの経済的余裕はありませんから見て見ぬふりでした。

私自身もサラ金業者に一時的に借りたことはあります。それは姉が返すべきものでしたが、私が建て替えをしましたしかし、私の名義で借りたものでしたからやりくりをして30万円を1年間で返しそれ以来借りてはいません。またそのことで姉と家庭裁判所で話し合い、示談となりました。10年前以上でしたのでかなりの利息が付いていました。

同じ家に住んでいると親や姉の借金まで自分が整理しなければならないと勝手に自分で決めつけてしまっていました。今思えば、借金問題に取り組んでいる弁護士にでも相談すべきだったと思います。

https://借金返せないナビ.jp/

多額の借金をしてしまった時のことについて

私は以前競馬にかなり嵌っていた時期があり、毎月妻からもらう小遣いだけでは到底足りなかったので消費者金融から借金をしていました。それも1社だけに止まらず複数の消費者金融から借金をしたのですが、利用限度額のことばかりを考えていて利息のことについてあまり深く思いを巡らすことはありませんでした。

また返済方法はリボルビング払いと言うこともあり月々返済する借金の額はそれほどでもなかったので、あまり深く考えることなくお金を借り続けていました。ただ流石に何ヶ月もこのようなことをしていると借金の額は膨れ上がってしまい、借りたお金を返済するために借金をすると言う悪循環に陥ってしまいました。

そしてとうとう利用限度額までお金を借りてしまいこれ以上借金をすることができなくなってしまったので、どうしたら良いか分からず困ってしまいました。自業自得と言えばそれまでなのですが何とかしようと思いまた消費者金融から新しくカードを発行してもらおうとも思ったのですが、これでは行けないと考えて怒られるのを覚悟して妻に相談しました。

しかし妻は怒ることなくお金を工面してくれて全額返済することができたので本当に良かったのですが、これに懲りて何があっても借金だけはしないようにしています。

多重債務ナビ

借金を返済するのはとても難しい

私は学生時代にギャンブルに嵌っていた時期がありパチンコや競馬、競輪や競艇など色々とやっていたのですが、ギャンブルを楽しむにはもちろんお金が必要となります。学生ではアルバイトをしてもまとまったお金を得るのは難しかったのですが、そんな時にギャンブル仲間の友人に消費者金融からお金を借りることを勧められてそれほど深く考えることなく利用することにしました。

今では学生でもカードローンを発行してくれる消費者金融が沢山あるので簡単にお金を借りることができたのですが、借金をしていると言う感覚がなく気軽にカードを使っていました。カードローンは怖いものでお金がなくなってもカードを使えば何も苦労することなく直ぐにお金を借りることができるので、感覚が麻痺してしまい自分が稼いだお金のようにどんどん使ってしまいました。

そして気づいた時には利用限度額を超えてしまいお金を借りることができなくなってしまったのですが、利息を含めると借金の額は100万円を超えていたので流石に焦りました。ただ親に迷惑をかけることだけはしたくなかったので、借金を返済するために昼間は学校に行って夜は警備員の仕事をしていました。

返済方法はリボルビング払いだったこともあり月々返済する額はそれほど高くはなかったのですが、その代わり返済期間はとても長く本当に辛かったです。ですからその後は何があっても借金だけはしないように心掛けています。